YOSHI(モデル)の本名や身長は?生意気は交流の証?規格外の人気とは

YOSHIさんは今もっとも話題性のあるモデルとして!注目度があがってますよね~。

 

16歳という若さで・・現在公開中の映画「タロウのバカ」に主演としての抜擢や各情報番組にも取り上げられるなど、勢いが止まりません!

 

とは言え「YOSHIって誰?」、「何やってる人?」とまだまだ知らない人も多い中、インスタ画像など「子供で生意気!」と批判の声がかなり多いとか・・。

 

そんな規格外のYOSHIさん、親はかなり金持ちらしく。。「本名・身長」や「高校・事務所」などを含め、気になるところが一杯!

 

・ YOSHIさんってどんな人?

・ 生意気なのは交流の証?

・ 規格外の若者に世間の声は?

 

人気の秘密を調査しました!

 

スポンサーリンク

YOSHI(モデル)さんの本名や身長などプロフィール紹介!

 

YOSHIさんの簡単なプロフィールはこちら!

 

プロフィール

・ 名前:YOSHI

・ 生年月日:2003年2月26日(16歳:2019年現在)

・ 出身地:広島県尾道市

・ 身長:155cm

・ 体重:36kg

・ 血液型:A型

・ 所属事務所:STARBASE

 

本名は「佐々木 ヨシズミ」で下の漢字はわかりませんが、芸名のYOSHIは「ヨシズミのヨシ」から来てますね

 

親がだいぶ金持ちとの情報もあり調べると、父親は香港出身でオフィス用インテリアを販売する大手家具会社のデザイナーで、資本金が200億もある大企業!

 

母親は、繊維メーカーの「販売部長」ということで、YOSHIさんは中国人の父と日本人の母とのハーフということになりますね!

 

 

高校は「通信制の高校」に通っているとか、どこの高校までかは情報がないですね。

 

所属は「STARBASE」で、主に楽曲プロデュースや、アーティストのマネジメントをしてる事務所らしく、菅田将暉さんやE-girls、安室奈美恵さんもプロデュースしてもらっているとか!

 

そんなYOSHIさんも、今年5月歌手デビューを果たし、初の配信アルバム「SEX IS LIFE」をリリース!

 

 

末恐ろしい16歳ですね・・。(汗)

 

スポンサーリンク

YOSHI(モデル)さんの生意気は交流の証?とは

破竹の勢いでひた走るYOSHIさんですが、現在公開中の「タロウのバカ」で映画初デビューで、「初主演の抜擢」の偉業!

 

 

監督は、自ら脚本も手掛けた大森立嗣監督、代表作は『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』など。

 

映画公開前に二人の対談があり、監督がYOSHIさんの抜擢理由や魅力を紹介してます。

 

(YOSHIさんの演技について。)

(大森監督)YOSHIが演じることになったからと言って内容を変えているわけではないし、「セリフは全部覚えてくれ、あとは好きにしていいよ」と伝えたんです。

 菅田とか太賀と向き合った時に自分がどういう風に感じるかは、お前に任せるからと、びっくりしたのは、リズム感ですね!

 

(何のリズム感?)

(大森監督)例えばピストルを渡した後に「えー!」って叫びながら一回転するんですよ。

 誰も求めてないのに。アドリブというか、よく分からないんだけど、踊るように芝居をするんです。

 あそこまで自由にやれるというのは、やっぱり良かったですよ。

 

型にはまらない演技に魅力を感じてますね。

 

 

映画の中で「菅田将暉さんや仲野太賀さん」と共演についてYOSHIさんのコメント。

 

(YOSHIさんから見てお二人はどんな存在ですか。)

(YOSHI)本当に良いお兄ちゃんであり、同級生の親友みたいな感じもありました。

 単純に親しい仲として、すごい良い人たちだなと思うし、これからも仲良くしていきたいです。

(演技の面で、学んだことやアドバイスを受けたりすることはありましたか?)

(YOSHI)アドバイスとかはないですね、それも監督と一緒で「ありのままで、型にはまらず、自由にやれば」って、僕それはできるんです。

 自分はこの勢いがなくなったら全てが終わりだなと思っていて、タロウともリンクするところなんですが、この素直でポジティブなところがYOSHIなんです。

(大森監督)菅田も太賀も先輩だし、今、若手の中では相当力のある2人だけども、一本の映画の中では、フレーム入った瞬間、YOSHIとも対等になるしかない。

 それは、彼らの中でもちゃんとしてたんじゃないかなと思う、先輩風を吹かせる訳でもなくてね。

(YOSHI)先輩風は一番嫌いだからね、「死ね!」って思いますもん。

 

「死ね!」って、・・怖いもの知らずは「若さの特権!」ですね。(苦笑)

 

若さの特権といえば、YOSHIさんは普段から「タメ口」が多く、菅田将暉さんや仲野太賀さんだけでなく、大森立嗣監督にもタメ口!?

 

これについてYOSHIさんは、コミュニケーション(人との交流)をとるために「タメ口」は必要なんだとか。

 

 

タメ口」でいくというのは、「対等」でいくということ、これが大事なんだと。

 

「もちろん気を使って敬語でも話せるけど、それでは僕の良さが出ないから!」とZIP!でもコメントしてます!

 

規格外のゆえんですね・・。(笑)

 

色々な話題で注目のYOSHIさんを、YOSHIのムカつく態度は大丈夫?生意気キャラな芸能人のその後も調査 でも詳しく紹介しているので、良かったら見てください。

 

スポンサーリンク

YOSHI(モデル)さんの活躍に世間の声は?

そんな話題性たっぷりのYOSHIさんに世間の反応は?

 

 

 

 

 

 

 

映画の演技に対しての評価は高いですが、やっぱり態度や立ち振る舞いに緘しては厳しいですね・・。(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

映画を通してのコメント。

今の人間の世の中は、完全にが失われちゃったと思うんです。
当たり前が当たり前の世界になっていて、全てが型にはまってるというか。
そういうのはつまらないので、今の日本の人たちにフラッシュバックさせられたらいいなと思います。

 

優柔不断で、中々自分の主張をできない若者が増えている中で、YOSHIさんは真逆

 

規格外が故に「違和感の反応」が多くありますが、歴史に名を残してきた人物の殆んどが常識に捉われない異端児(規格外)!

 

 

もしかしたら、世間を驚かせる大物になるかも!?

 

今後の活躍が楽しみですね!

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク