YOSHIのムカつく態度は大丈夫?生意気キャラな芸能人のその後も調査

YOSHIさんがムカつく態度で話題になってますが、はじめ威勢よくて、その後テレビで見なくなった人って結構いますよね!

 

今回は「生意気キャラ」の芸能人がその後どうなったかを調査しますが、YOSHIさんは16歳なので、「若気の至りや反抗期」などと捉えることもできますが、このような振る舞いがいつまで続くかが気になるところではないかと・・。

 

生意気で嫌い!
子供な態度が痛い!
タメ口がムカつく

 

などなど、数多くの厳しい声があがっているのにも、「そんな批判どこ吹く風」で、気にしていない様子・・。(苦笑)

 

そんなツッコミどころ満載のYOSHIさんの、気になるところを調査したので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

YOSHIさんのwiki風プロフィールや経歴を紹介!

 

 

だいぶテレビの露出が増えてきたYOSHIさんですが、まだまだ「誰、どんな人」って人もいると思うのでwiki風プロフィールや経歴を紹介!

 

YOSHIさんの本名は「佐々木 ヨシズミ」さんで、2003年2月26日生まれの16歳(2019年現在)、広島県尾道市の出身「身長155cm/体重36kg/血液型A型」で所属事務所はSTARBASEですね。

 

親に関してはかなり色々な情報が乱れ飛んでいて、YOSHIさんと同じくらい話題になっているみたいですが、わかっている情報では「父親は大手家具会社のデザイナー」「母親は繊維メーカー」にそれぞれ務めているということで、YOSHIさんは中国人の父と日本人の母とのハーフだとか。

 

 

高校に関しての情報はありませんが、「通信制の高校」に通っているとの情報で、YOSHIさんは今年5月に歌手としてデビューしてるんですね!

 

ここら辺の部分もみても、普通の高校生とは明らかに違う人種だということはわかります・・。(苦笑)

 

そして今年の9月に公開された映画「タロウのバカ」で、主演として俳優デビューし、菅田将暉さんや仲野太賀さんと一緒に、独自の演技を披露して更に話題に!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

『タロウのバカ』 メインビジュアル #3人が世界のすべてだった。 #YOSHI #菅田将暉 #仲野太賀

映画『タロウのバカ』(@taronobaka)がシェアした投稿 –

 

YOSHIさんは、幼少の頃よりモデルとして活躍し、中学生や高校生など10代のファッションに大きな影響を与えているんだとか!

 

さらに今年「歌手・俳優」としてもデビューを飾ざるなど、勢いは止まらないといった感じなので、これは調子に乗っても仕方ない気はしますね~・・。(苦笑)

 

スポンサーリンク

YOSHIさんのムカつく態度は大丈夫?を調査!

 

 

YOSHIさんのテレビなどにおける態度が、「かなり子供で痛い!」っと話題になっているらしいんですが。。

 

特に先日放送された「行列の出来る法律相談所」では、お笑い界の大御所「明石家さんまさん」にタメ口でやり取りし、カンチョーまでしてこれが炎上ばりの批判の的に!

 

ところが「明石家さんまさん」は怒るどころか、「気にせず突き進め」と言われたとして、更に自身のキャラは間違いではないとの確信を得ているとか・・。

 

 

しかし世間ではこのやりたい放題の態度に、かなりムカついている人が続出!!

 

 

 

芸能界で売れていくのに、独自のキャラで行かないと「埋もれていくことになる」ことが多いので、色々な意味でも「爪痕を残すような振る舞いや態度」は必要だけど、限度があると思うので、これを超えると中々辛いものが・・。(苦笑)

 

ただYOSHIさんに関しては、以前からのインタビューやイベント・告知などで出演した情報番組を含め、すべてタメ口なんですよね~。

 

このタメ口に関しては、自身のキャラといよりは「スタイル」と言い放ち、敬語使ったら「の本質の良さが失われる」とはっきり答えてるんだとか!

 

 

YOSHIさんいわく「最近の若者は元気がなく、自己主張ができないやつが増えているから、俺がこうして生き方を示しているんだ」と若者の代表として、「世間の常識だとか、社会のルール」だとかをぶち破るスタイルを貫いていると主張!

 

誰かに言われて改めるぐらいなら「初めからやらない方がいい」とのことで、それは一理ありますが、その後「批判を浴びたり、干されたり」して、結局まるくなった芸能人をけっこう見ているので、大丈夫なのかなぁ~って思っちゃいますよね・・。(笑)

 

色々な話題で注目のYOSHIさんを、YOSHI(モデル)の本名や身長は?生意気は交流の証?規格外の人気とは でも詳しく紹介しているので、良かったら見てください。

 

スポンサーリンク

YOSHIさんと同じ生意気キャラな芸能人の「その後」も調査!

 

 

YOSHIさんは現在、「生意気」の代表ともいうべき態度ですが、過去にも生意気キャラで売っていた芸能人もけっこういたので、今回は男性を中心に紹介したいかと。

 

まずは「ヒロミさん」、生意気キャラの先駆けでしたね。

 

 

元祖「生意気」と言っても過言ではない存在感で、長い間芸能界から姿を消してた時期もありましたが、あの生意気な態度が原因で干されたと噂になりましたよね。

 

本当の真相はわからないものの、芸能界で一番の理解者だった友人が白血病で失い、やる気がなくなって芸能界を離れたとの情報も・・。

 

現在は以前にも増して、各局から引っ張りだこの人気ぶりですが、「昔は気が向かない仕事は断った」ことも多々あったが「復帰してからは、どんな仕事も断らない」って決めているとか・・やっぱりまるくなっていますね。(笑)

 

続いては「坂上忍さん」。

 

 

ヒロミさんと同じく、現在「テレビで見ない日はない」という人気ぶり!

 

子役の頃から俳優として活躍し、かなり調子に乗っていた時期もあり、やはり干されていたかは別にして、テレビで見ない時期がけっこうあったかなと。

 

自分でも昔はかなり個性が強くて、それが正しいというような時期があったが、周りの支えがあって仕事ができると自覚したんだとか。

 

続いては「品川裕」さん。

 

 

品川裕さんも「品川庄司」として人気となり、映画監督としての活躍をするものの、スタッフや周りの芸人仲間にもかなり「生意気な態度」をとっていたとか・・。

 

一番記憶に残っているのは「ダウンタウンの浜ちゃんとのエピソード」で、番組で共演することになって、相方の庄司さんは楽屋に挨拶に行ったが、品川さんは行かなかったらしく、その時に浜ちゃんから「蹴りとビンタ」を受けたとのこと!

 

この時の浜ちゃんの「後輩に対する思いやり」が話題になりましたが、その時のやり取りがこちら。

 

「お前、確かに今まであいさつせえへんヤツやったかもしれへん。けど、お前、今、テレビに出始めや。これから上がっていくヤツや。今まで以上にあいさつせな、あかんねん。お前が今まで吸ってたところで同じようにタバコ吸ってたら『生意気や』言うヤツおるやろ。お前が今、上り調子やから、誰も言わへん。でもお前、仕事なくなってみい。誰も相手せえへんぞ。だからお前、今一番あいさつせなあかんねん」と説いた。
 浜田は「(仕事)なくなった時、誰が何してくれると思ってんねん。俺ら、家族やろ!」と一喝。品川は「俺もう、涙、ぶわーッと出た」と浜田の愛情を知り、号泣したことを明かしていた。
(デイリー抜粋)

 

ダウンタウンの浜ちゃんも「生意気キャラ」の代表ともいうべき人ですが、芸能界のトップで活躍してくる人は、やはり人間性の違いが備わっていますね・・。(笑)

 

最後にスポーツ界から「亀田興毅さん」。

 

 

現在ボクシング界では井上尚弥さんを始め、かなりの人気チャンピオンがいますが、「タメ口で生意気な態度のチャンピオン」として芸能界でも一時君臨してましたよね!

 

父親や兄弟の態度も悪く、一時チャンピオンとして3階級制覇などで快進撃を続けている時は人気絶頂でしたが、弟の「亀田大毅さんと内藤大助さんとの試合」で反則を重ねてぶざまな敗戦をしたおりに、父親も反省の色を見せずかなり非難を浴びることに!

 

結局、長男である亀田興毅さんが全面的に「亀田家」としての醜態を一心に浴びてテレビで謝罪し、ことを収めたことが印象的でしたよね。

 

こうして一連の流れを見ていると、生意気なキャラでずっと成功している人はほとんどいないことがわかるかと・・。(苦笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

YOSHIさんは現在16歳という若さなので、怖いもの知らずなのは間違いないかと思いますが、今後どこまでこのスタイルで行けるかが楽しみですよね!

 

良い意味でも悪い意味でも、注目されなければ「批判を受けることすらない」のだから、戦略の部分があるのなら、一目おけるかと。

 

しかし、世間で言うところの「若気の至りや反抗期」といった部分なら、「痛い子」で終わる可能性は十分にあるかもですね・・。(苦笑)

 

今後のYOSHIさんの動向を、楽しみに見届けたいと思います!

 

最後まで読んでいただいて感謝です。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク