倉永美沙(バレエ)結婚は?wikiプロフ(身長・年齢)経歴を紹介

バレエの倉永美沙さんが、アメリカで大活躍しているみたいですね~。

 

倉永美沙さんといえば、ボストンバレエ団のプリンシパルとして活躍されている方ですが、アメリカ最古の超名門サンフランシスコ・バレエ団に移籍したとのことで話題に!

 

高身長やスタイルなどの容姿が求められる「バレエの世界」で、小柄な倉永美沙さんは人一倍の努力を重ね、「プリンシパル」という最高位の階級を得られるほどの実力をつけ、日本人女性としてかなり注目されているとか!

 

今回「情熱大陸(TBS)」でも紹介されることになった、倉永美沙さん。

 

・wiki風プロフィール(身長・年齢)や経歴

・華麗で美しいインスタ画像

・彼氏や結婚の情報

 

など気になるところを紹介するので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

倉永美沙さん(バレエ)のwiki風プロフィール(身長・年齢)を紹介!

 

 

倉永美沙さんは大阪府の出身ですが、小さいころはとても「やんちゃ」だったらしく、幼稚園の先生を困らせていることが多かったとのこと。

 

本人いわく、先生から「座って下さい」と言われると、「なんで大人しく座らなくていけないのか?」と思うみたいで、「納得いかないことは言うことを聞かない」という大物ぶりだったとか!

 

そんな倉永美沙さんですが、バレエとの出会いも幼稚園の時で、お遊戯の時間「他の子よりうまく踊れなかったこと」が悔しくて、親に頼み込んでバレエを習い始めることに。

 

 

プロフィール

名前:倉永美沙(くらなが みさ)

生年月日:1984年5月20日(35歳:2019年現在)

出身地:大阪府

身長:156cm / 体重:43kg

 

倉永美沙さんは、「自分でやりたいと思うことは、通さないと気が済まない性格」みたいですが、負けず嫌いは幼少の頃からだったんですね。(苦笑)

 

 

倉永美沙さんは、ピアノも幼少の頃から習っていたみたいですが、「ピアノは苦痛でしょうがなかった」「バレエは初めからイケると思った」とのことで、7歳からバレエを習い始めて「トレーニングマシン」とあだ名が付くぐらいの練習量だったとのこと。

 

そのすさまじさは「週5でレッスンに通い、レッスン後は自主練習」を、ずっと欠かさず続けてきて、「周りが感心する」のを通り越して、「ひく」ぐらいのストイックぶりだったとか!

 

小さい頃に興味を持って習い事をする子供は多いですが、幼少の頃より、プロに匹敵するほどの練習をこなす子はあまりいないかと・・。(苦笑)

 

スポンサーリンク

倉永美沙さん(バレエ)の経歴や結婚の情報などを調査!

 

 

そんな練習の虫だった倉永美沙さんは、17歳のときに、バレエ界では有名な大会「第29回ローザンヌ国際バレエコンクール」にて、プロフェッショナル研修賞を受賞するんですね!

 

その後、アメリカ最古の超名門「サンフランシスコ・バレエ団」の研修生となりますが、継続契約はしてもらえず、初めての挫折を味わうことに。

 

倉永美沙さんは「日本に帰るくらいならバレエを辞める」と、ニューヨークのバレエ団のオーディションを何個も受けるものの、「全滅」という現実にさらされますが、決して諦めず活動を続け、2003年ボストンバレエ団へ入団することになります。

 

 

出始めこそ試練があるものの、努力を続けることにより、2年目の2005年「セカンドソリスト」、2007年「ソリスト」へ昇進し、入団6年目の2009年には「プリンシパル」へ上りつめることに!

 

バレエの階級が分かりにくいので、簡単に紹介!

 

 

●パリオペラ座バレエ団(上位順)

エトワール:トップダンサー(主役)

プルミエ:準主役級のダンサー

スジェ:主要な役のダンサー

コリフェ:群舞の中の主役(リーダー)

カドリーユ:集団で踊る人たち(群舞)

 

●英国ロイヤルバレエ団(上位順)

プリンシパル:エトワールと同じ。

ファースト・ソリスト:プルミエと同じ。

ソリスト:スジェと同じ。

ファースト・アーティスト:コリフェと同じ。

アーティスト:カドリーユと同じ

 

●東京バレエ団(上位順)

プリンシパル

ソリスト

アーティスト

 

 

こうして見るといかに「プリンシパル」(最上位)になることが、大変だということが分かるのではないかと。

 

 

2017年には、バレエ界のアカデミーショーとも言われる「ブノワ賞」にもノミネートされます!

 

 

2001年:第29回ローザンヌ国際バレエコンクール「プロフェッショナル研修賞」受賞

 

2001年:第9回モスクワ国際バレエコンクール「金賞」受賞

(女性ジュニア部門日本初)

 

2006年:ジャクソン国際バレエコンクール「ゴールドメダル」受賞

(女性シニア部門日本初)

 

2017年:ブノワ賞にノミネート

 

 

そして2019年の今年、以前契約を勝ち取れなかったサンフランシスコ・バレエ団へ「プリンシパル」として移籍することに!

 

 

この時の心境を「すべてを投げうつ覚悟でここにきた!」と気合みなぎるコメント、倉永美沙さんなら絶対にやってくれると思うので、活躍を期待したいかと!

 

そんな大注目の倉永美沙さんですが、年齢が35歳ということもあり、彼氏や結婚という話があっても不思議ではないので調査しましたが、残念ながらはっきりとした情報はありませんでした。

 

インスタ画像から、練習風景やプライベートでも仲良くしている「イケメンダンサー」さんとの画像がありますが、確証はないので、今後の情報に期待したいかと・・。

 

スポンサーリンク

倉永美沙さん(バレエ)の華麗なるインスタ画像を紹介!

 

 

アメリカという舞台で、活躍している倉永美沙さんのインスタ画像をいくつか紹介したいと思います。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I’m feeling beyond grateful to be back in San Francisco Ballet and to be surrounded by inspiring and supportive people. Thank you for giving me a lot of power to breakthrough my new challenge. It felt like a magic last night 🌟Photo by @jamesjinimages 昨夜のサンフランシスコバレエのくるみ割り人形は色々な事を乗り越えての本番でした。ここにプリンシパルとして戻ってこれた事、バレエ団のみんなに支えてもらっている事に感謝しながら自分のベストを尽くした舞台でした。ありがとう😊 #ballet #ballerina #ballerinalife #happy #happiness #dance #art #幸せ #バレエ #バレリーナ #rehearsal #work #wroldtraveler #travellife #fly #nutcracker #sanfrancisco #情熱 #thankyou

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Many years ago as an apprentice, I never thought I will be on War Memorial Opera House dancing the Grand Pas de Deux as a principal dancer. Tonight my dream is coming true 🌟 So excited to be dancing next to my dream @_angelogreco_ サンフランシスコバレエの研修生の時はシーズン中、踊ったのはくるみ割り人形だけでした。今夜はプリンシパルダンサーとして再びオペラハウスでくるみ割り人形の主役を踊ります。#ballet #ballerina #ballerinalife #happy #happiness #dance #art #幸せ #バレエ #バレリーナ #rehearsal #work #wroldtraveler #travellife #fly #nutcracker #dream #miracle

Misa Kuranaga 倉永美沙(@misakuranaga)がシェアした投稿 –

 

倉永美沙さんが常にトップダンサーとして君臨し続ける要因に、「一日練習を怠ると自分にわかり、二日練習を怠ると周りの人にわかり、三日怠ると観客にわかる」との、バレエの厳しさを裏付ける言葉が厳然としてあり、シビアな世界で「常に勝負」をしているからだと感じますね。

 

 

倉永美沙さんが、「華麗に踊り、観客を魅了」する舞台の裏には、壮絶な練習や努力があるということを知らされました。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

倉永美沙さんは、バレエを始めてアメリカで活動しますが、海外のダンサーは高身長でスタイルが良いので、小柄という「コンプレックス」にいつも悩まされていたんだとか。

 

現実にオーディションでは「かなり不利だった」とのことですが、「私はできる!」と常に言い聞かせ、「できないんだったら辞めた方がいい」という覚悟をもって努力をし続けて今日まできたとのこと。

 

運命は生まれながらに決まっているものではなく、変えていくものなのだ!」この生き様が、倉永美沙さんの「魅力の源」だと感じてなりません!

 

最後まで読んでいただき、感謝、感謝です。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク