和田誠が肺炎で死去!告別式やお別れ会の日程はいつ?愛妻家の最後とは

和田誠さんの訃報が報じられました。

 

和田誠さんは、ユーモラスな人物画で知られるイラストレーターで、「デザイン・映画監督・エッセー」など多彩に活躍した方だっただけにとても残念ですよね。

 

和田誠さんは愛妻家としても有名ですが、最終的な死因は肺炎とのことで、晩年は闘病生活が続いていたとか。

 

告別式やお別れ会などの日程についても調査しましたので、紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

和田誠さんの簡単プロフィール

和田誠さんのプロフィールから簡単に紹介していきますね。

 

和田 誠(わだ まこと)さんは、1936年(昭和11年)4月10日生まれで、享年は83歳。

 

大阪府大阪市の出身ですが、1945年(昭和20年)に父親の失職に伴い一家で東京都世田谷区代田に転居。

 

しかし和田誠さんだけ、家族と一人離れて疎開した千葉県で敗戦を迎えることになるとか。

 

1959年(昭和34年)に、広告制作プロダクションライトパブリシティにデザイナーとして入社し、日本専売公社が発売予定の新商品の紙巻きたばこ「ハイライト」のパッケージデザインコンペに参加し採用される。

(Wikipedia引用)

 

 

紙巻きたばこの「パッケージデザイン」ということですが、時代を感じますね。

 

他にも自社のライトパブリシティ及び、社会党のロゴマークなどを手掛け、キヤノンや東レといった国内有数の企業の広告デザインを長らく担当した後、1968年(昭和43年)退社。

 

1968年に独立してから「週刊文春」の表紙など数多くの装丁を担当した後、1984年には初監督作品である、真田広之さん主演の映画「麻雀放浪記」が放映、他にも小泉今日子さん主演の「怪盗ルビイ」でブルーリボン監督賞を受賞するなど、監督業としても手腕を発揮します。

 

多岐にわたる分野で活躍したことが、功績から伺えますね。

 

和田誠さんの家族構成を紹介

 

和田誠さんの妻は、料理愛好家の平野レミさん。

 

和田誠さんの長男は、ロックバンド「TRICERATOPS」の和田唱さんで、妻は俳優の上野樹里さん、次男の妻は、食育インストラクターの和田明日香さんだとか。

 

完璧な芸能一家ですね。

 

スポンサーリンク

和田誠さん「肺炎で死去」告別式やお別れ会などの予定

和田誠さんの最終的な死因は肺炎とのことで、晩年は闘病生活が続いていたそうです。

 

和田誠さんの「通夜・告別式」はすでに近親者のみで営まれたとのことで、事務所によると後日「お別れの会」を開く予定だということなので、わかり次第、追記して行きますね。

 

和田誠さんの晩年エピソード紹介

 

和田誠さんの奥さんである平野レミさんは事務所を通じて次のようにコメント。

 

1年ほど前から体調を崩し自宅で療養していました。
7月より都内の病院に入院していましたが、肺炎を患い、最後は家族みんなに見守られながら安らかにお別れをしました。

肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯をたくさん作って、安らかな顔の横に置いてあげました。

最後の料理を作っている時はすごく幸せで「私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ」とあらためて気づきました。

「47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて、本当にありがとう。安らかにね」とコメントを発表した。

(毎日新聞抜粋)

 

「47年間・・・本当にありがとう」は、料理愛好家の平野レミさんらしいコメントで、夫婦の思いやりが伝わってきますね。

 

スポンサーリンク

和田誠さんの死去について世間の反応

和田誠さんの訃報をうけ、世間の反応をまとめました。

 

 

 

 

 

和田誠さんの訃報を受け、残念でならないとの声が多いですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

和田誠さん、享年83歳で死因は「肺炎」、通夜、告別式はすでに近親者のみで営まれ、後日お別れの会が開かれる予定とのこと。

 

数々の功績を残された和田誠さんですが、平野レミさんのコメントからもわかる通り、愛妻家だったことが伺えますね。

 

惜しまれる人ほど早く亡くなることが多いですが、和田誠さんもその一人だと感じました。

 

ご冥福をお祈りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク