近藤利一が77歳で死去!死因は?葬儀やお別れの会の日程を調査!

阪神馬主協会最高顧問の近藤利一さんが、77歳で亡くなられたとの訃報が報じられました。

 

近藤利一さんは競馬界において有名な方で、今年のNHKマイルCを制したアドマイヤマーズをはじめ、数多くの活躍馬を所有するなど「常に競馬界の中心にあった方」だけにとても残念ですね。

 

・亡くなった原因は?

・葬儀はどこで、いつやるの?

・お別れ会はあるの?

 

などの情報を調査しましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

近藤利一さんの死因は何?葬儀やお別れ会などの予定

 

近藤利一さんの最終的な死因は「がん」とのことですが、何がんだったかは公表されていないですね。

 

10月17日の早朝、大阪市内の病院で亡くなったとのことですが、今年の夏から闘病生活を送っていたとのことです。

 

通夜、告別式などの日程はまだ未定とのことで、お別れの会も含め、わかり次第追記していきますね。

 

スポンサーリンク

近藤利一さんの簡単プロフィール

 

近藤利一さんのプロフィールから、簡単に紹介していきますね。

 

近藤利一(こんどう りいち)さんは、1942年9月1日生まれで享年は77歳、大阪府大阪市北区にある「はつり・建築解体工事会社」の代表取締役会長を務めてました。

 

近藤利一さんといえば「高額落札馬主」でも有名で、1億円を超える競走馬を落札するのは当たり前で、ともかく「することなすこと豪快」で、競馬界で名を馳せていましたね。

 

代表的な話題といえば、一昨年に「イルーシヴウェーヴの2017」を国内史上2位の5億8000万円で落札したことで、かなり大きく取り上げられたとか。

 

武豊騎手とのタッグも有名で数多くの賞を総なめした時もありましたが、成績が伴わなくなった時に批判をしたことが原因で、その後武豊騎手の騎乗はなくなったとのこと。

 

横浜ベイスターズで「浜の大魔神」として活躍した佐々木主浩さんも「馬主業の師匠」として仰いだほどの方だったので、競馬界における功績や話題などが多数あった方だったんですね。

 

そういう「豪快」という言葉が合い、存在感が大きい方だっただけに、本当に残念です。

 

スポンサーリンク

近藤利一さんの死去について世間の反応

 

近藤利一さんの訃報をうけ、世間の反応をまとめました。

 

 

 

 

 

近藤利一さんの訃報を受け「残念の声が多く」、影響力が大きい方だったことが、改めて感じますね。

 

スポンサーリンク

近藤利一さんのまとめ

 

近藤利一さん、享年77歳で死因はがん、「通夜、告別式」などの日程はまだ未定とのこと。

 

競馬界で、常に話題を振り撒き続けられた方の死に、とても残念でなりません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク