田代まさしが覚せい剤でまた逮捕!理由はなぜ?薬物依存の恐ろしさとは

田代まさし氏が、覚せい剤でまた逮捕のニュースが入ってきました!

 

田代まさし氏と言えば、過去に盗撮や覚せい剤などで数多くの逮捕歴がありますよね。

 

そんな田代まさし氏は、最近CS番組やYouTubeチャンネルなどで、薬物依存症の恐ろしさを訴えながら、少しずつメディアに復活しつつあったのでショッキングですね!

 

なぜ再び薬物に手を染めたのか、調査しました。

 

スポンサーリンク

田代まさし氏の逮捕歴をチェック!

 

田代まさし氏は、2000年(平成12年)9月に東急東横線都立大学駅構内で、女性の下着を盗撮を通報されるのが犯行の始まりですね。

 

その後「志村けんさん」などの後押しで芸能活動に復活するものの、2001年(平成13年)12月に覗きによる軽犯罪法違反容疑で現行犯逮捕、その時に自宅から覚醒剤が発見され再逮捕!

 

この事件を受けて、所属事務所からは契約解除となり、一番面倒を見てくれていた「志村けんさん」からも見放されましたね! 

 

執行猶予がついて少しずつ芸能活動を再開するも、2004年(平成16年)9月に今度は、覚醒剤とバタフライナイフを所持していて、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕となります。

 

執行猶予つきだったので、この時は懲役3年6か月の実刑判決が下ることに!

 

その後、薬物依存が抜けずに「5度の逮捕、2回の懲役、刑務所に計7年収監」の逮捕歴がありますね。

 

スポンサーリンク

田代まさし氏の再犯の理由や最近の動向をチェック!

 

2016年に清原和博さんが、覚せい剤取締法違反で逮捕された時、薬物の恐ろしさについて、身を以て体験した有識者としてコメントしたのは記憶に新しいですよね。

 

以後「数々の番組や取材」などで、薬物経験者としての立場から薬物の恐ろしさを語ることで、再びメディアに出始める。

 

「刑務所から出てきても誰も助けてくれない、孤独になると、さみしいからまたやってしまう」と経験者ならではのコメントなので、聞いている側の浸透率がとてもリアルに感じますよね。

 

田代まさし氏は、2019年6月に「田代まさし ブラック マーシー半生と反省を語る」と名付けたYouTubeチャンネルを開設するまでに!

 

そして7月には、Eテレ『バリバラ~障害者情報バラエティー~』に出演し、「教えてマーシー」と題して「覚せい剤に関する情報や人の脆さ」などをコメント。

 

しかし、別のインタビューでこんなコメントも!

 

刑務所は売人の知り合いができたりと、悪のコネクションを広げる場所。

覚せい剤の根本治療にならない。

条件的にやれないだけで、本音はやりたくて仕方なかった。

 

完全に復活を遂げる寸前での今回の逮捕に、理由はさまざま考えられますが、結局のところ「薬物依存から脱しきれていなかった」というのが、大きな理由だと思われますね。

 

スポンサーリンク

田代まさし氏の逮捕に世間の反応は?

 

田代まさし氏の逮捕に、世間の反応をチェックしました。

 

 

 

「またかぁ~、何度目だよ」などの厳しい声が多ですね!

 

 

スポンサーリンク

田代まさし氏のまとめ

 

田代まさし氏の今回の逮捕は、復活したと思われていただけに、業界内でも「またか」というよりも「裏切られた」って思っている人の方が多いかもしれませんね。

 

同じく薬物による逮捕歴のある清原和博さんも、11月30日に開催の「ワールドトライアウト」監督に就任する予定がありますが、こういう事件が入ってくると「大丈夫かな?」って思っちゃいますよね!

 

薬物というものが、どれだけ恐ろしく「依存度がヤバい」ってことを改めて認識しました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク