佳子さまの炎上理由はなぜかわいそう?秋篠宮家の教育に問題あり?徹底調査

佳子さま 炎上 理由 なぜ かわいそう 秋篠宮家 教育 問題

佳子さまは日本を代表するプリンセスですが、最近は風当たりが強いことが多いですよね。

 

佳子さまの振る舞いやコメントなどで、炎上することが多く「かわいそう」という声があがるほどだとか!

 

皇族の方なので、一般のようにはいかないのはわかりますが、ここまで報道が過熱してくると穏やかでは済まされないかと・・。

 

・佳子さまの炎上理由は、なぜかわいそう?

・秋篠宮家の教育に問題があるの?

・皇族に自由はないの?

 

など気になるところを調査したので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

佳子さまの簡単プロフィールを紹介!

 

佳子さまの名前の由来は、父の秋篠宮文仁親王より「心身ともに佳(よ)い子に育ってほしい」という願いから、「佳子」と命名されたとのこと。

 

1995年1月4日に「命名の儀」で名づけられましたが、名前をつけるのにも「儀式」があるとこあたり、やはり皇族はちがいますね・・。(苦笑)

 

プロフィール

・名前:佳子内親王(かこないしんのう)

・生年月日:1994年12月29日(24歳:2019年10月現在)

・出生:東京都千代田区千代田

・秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子

・最終学歴:国際基督教大学卒業

 

 

フィギュアスケートを学習院初等科2年から始めた佳子さまですが、東京の地方大会などに何度も出場され、2007年4月にはノービスBクラスにおいて優勝を果たしたこともあるとか!

 

佳子さまは、赤坂御用地内でのジョギングを日課としているらしいですが、走れるものなら一緒に走りたいですね!(笑)

 

「即位礼正殿の儀」での佳子さまを、佳子さまの十二単が海外で微妙?かつらが似合わないとの声も!画像で検証 でも詳しく紹介しているので、良ければ見てください。

 

スポンサーリンク

佳子さまの炎上理由は「なぜかわいそう?」を調査

 

佳子さまの振る舞いやコメントがたびたび炎上していて、加熱しすぎて「かわいそう」の声もでるほどだとか!

 

まず炎上となった出来事(理由)を改めて確認してみますね。

 

姉の眞子さまと小室圭さんの結婚問題

 

一番有名な出来事といえば「姉の眞子さまと小室圭さんの結婚問題」で、この一件はかなり話題となり、連日テレビでも報道されてましたもんね!

 

この時、秋篠宮さまから小室さんに提示された「金銭問題の解決」「経済的安定」などを「それ相応の対応」で解決してから、はじめて結婚の流れになると要望されたものの、成果が出ぬまま現在は渡米してます。

 

この一連の流れに対し、佳子さまの報道とのやり取りがのちに炎上をうむのですが、「姉の眞子さまと小室圭さんの結婚が延期になっているがどう受け止めていますか?」の質問に、「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。」と答え更に、「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい。」との回答に批判が!

 

 

佳子さまの回答「一個人とはどういうことか」、「皇族としてどの考えているのか」などなど一部の国民から批判を呼んでしまうことに。

 

結果、昨年2月に「眞子さまと小室さんとの結婚行事」を2年後に延期するとの宮内庁から発表となりましたね。

 

しかし、佳子さまは態度を変えることなく、「姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています」とメディアに対し、追撃とも言うげき批判のコメント!

 

いやはやイメージからは想像できない、毅然たる態度に圧倒されますね!

 

「関東大震災の慰霊祭」での焼香における振る舞い

 

佳子さまは、2019年9月1日に行われた関東大震災の慰霊祭に出席しますが、その時白手袋をつけたまま焼香したとして問題に!

 

東京の両国で、毎年防災の日(9月1日)に営まれる「関東大震災の犠牲者」などを慰霊する法要に、佳子さまが参列した時の出来事でしたが、「手袋したまま焼香されるのが作法ですか?」「違和感しか覚えません」などと言った批判の声が続出!

 

この一件に関し、宮内庁担当記者の見解がこちら。

 

焼香については厳密な作法があるわけではなく、地方によっても仕方は異なります。

わしづかみしてまき散らすなど、よほどのことでない限り“してはいけない”というものはありません。

また、これまでも皇族方のご参列で、違和感を覚えたことはありません。

 

これまでも」の発言には、以前「紀子さまや眞子さま」も参列したことがあったそうですが、その時も白手袋を装着したまま焼香されていたとのこと。

 

 

しかしこの時は、今回の炎上劇みたいな物議にはならなかったとのことなので、なぜここまで騒がれたのか?との見方が多いらしいです。

 

別に作法に問題があるわけではなく、他の皇室の方がやったことがある事例をなぜ佳子さまだと炎上となるのか・・。

 

これは「かわいそう」の声がでてるのも、不思議じゃありませんね!

 

スポンサーリンク

佳子さまの「秋篠宮家の教育」に問題あり?を調査

 

佳子さまの炎上など、近年の立ち振る舞いや発言について、「教育上に問題があるのでは?」と秋篠宮家に対する批判も出始めたとか。

 

たしかに「小室圭さん結婚問題」に対する見解は、秋篠宮さま(両親)とは反対の発言になっていて、家庭内の調和に関しても「大丈夫?」って思われてもおかしくありませんね。

 

少し調べたところ秋篠宮家の教育方針で興味深いのが、佳子さまには、皇族としての「公とプライベートを分ける教育」をされてきたとのことで、この方針が本当だったとすると、素直に育ってきたのではないかと!

 

 

「小室圭さん結婚問題」の発言では、次のようなやり取りが報じられてます。

 

この内容については、事前に宮内庁の担当職員が佳子さまに修正をお願いしていました。
『一個人』という表現とともに、あからさまなメディア批判でもあり、物議を醸すと判断したからです。
ところが佳子さまは『父もしていることなのに、なぜいけないのですか』と、これまで度々持論を述べてこられた殿下を引き合いに、元の文面で押し通してしまわれたのです。
(デイリー新潮抜粋)

 

 

ここでの発言を見ても、「公的なアドバイスは聞くけれど、私的な活動については意見を聞く必要性はないという考え方」が伝わってくるので、先ほど触れた「秋篠宮家の教育方針」が、まさに根付いていると感じますね!

 

ここの部分においては、賛否両論あるとは思いますが、皇族といえども「一人の人間」として、自由がなくなる(人生に制限がある)というのは、「かわいそう」の意見に共感を覚えます。

 

どちらにしても秋篠宮家やその教育に対する世間の見方が、だんだん厳しくなってきているのは間違いないですね!

 

スポンサーリンク

佳子さまのまとめ

 

佳子さまは「眞子さまの結婚報道」の時、自身の結婚についての質問に「遅過ぎず、できれば良いです」と答え、相手がいますかの質問については「今後も含め、お答えするつもりはございません」と言われたとか。

 

佳子さまは日本を代表するプリンスなので、「良きにつけ悪しきにつけ」どうしても目立ってしまいますよね。

 

皇族としての定め」と言ってしまえばそれまでですが、皇室も民間も「人」という部分では同じなので、時代の変化とともに「皇室に対する見方に変化」があっても・・と感じます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
No tags for this post.