吉本興業から学ぶ!組織が保身に走った時に出る悪しき体質の恐ろしさ

雨上がり決死隊の宮迫 博之さん、ロドンブーツ1号2号の田村 亮さん吉本興業が、現在最も関心の高い話題として各メディアを席巻(せっけん)しています。

 

何故ここまで問題が拡大したのか?

 

それは、個人だけでなく組織もまた保身に走るからです。

 

この騒動から浮かび上がる組織や権力の「本当の恐ろしさ」を感じたので紹介します。

 

スポンサーリンク

吉本興業から学ぶ!保身からくるミスリードとは!

 

 

 今回ここまで大きな騒動に発展した理由は種々ありますが、一番目の理由としては、闇営業として有名芸人が関わったことです。

 

しかし、現在は一度嘘をついた二人が改心して「正直に謝罪したい!」と会社にお願いしたのを、吉本がイメージダウンを懸念して「ミスリードをしてしまった」ことが、大きな問題となっています。

 

組織もまた存続を危ぶまれる時は、躊躇(ちゅうちょ)無く保身に走ります。

 

 

その極めつけが、組織を守る為「個人に劣悪な圧力をかけた」ことです。

 

一番初めに「正直な謝罪会見をしたい」と言った亮さんに対して、「会見をするなら連帯責任として全員をクビにする」との脅しで、亮さんの切望を一蹴した「稀に見るパワハラ暴挙」に出たのが最大の問題です。

 

巨大組織が権力を振りかざす様を垣間見ました。

 

 

現在は吉本の社長が、結果暴露会見となってしまった二人の謝罪会見を受け、吉本興業としての謝罪会見が行われ、岡本社長と大崎会長について50%の減俸を1年間続けることを発表しました。

 

しかし、潔く正直な会見をした二人に対して、かなりグダグダな会見となったので、進退問題に発展する可能性は高いです。

 

スポンサーリンク

吉本興業から学ぶ!組織存続の為には手段を選ばない!

 

 

どちらにしても今後、吉本側が芸人サイドに歩み寄り、時間を掛けながら問題を収拾して行くと思われます。

 

ただ僕は今回の騒動(報道)に関し、非常に「学ぶべきことが多かった」という思いと、同時に「組織や権力の恐ろしさ」を感じました。

 

学ぶべきことは、個人にしろ、企業(組織)にしろ「保身に走る」といずれ大きなペナルティーとなって帰ってきます!

 

 

よって、そこを踏まえて行動して行かなければ「大きな代償を払うことになる」ということ。

 

そして恐ろしさの方は、企業は組織を存続させる為には手段を選ばないということです。

 

例え貢献度の高い社員や有能な社員だとしても、窮地を脱する為には平気で個人を切り捨てます!

 

 

先に記述した通り、二人(宮迫さん・亮さん)の退路を断った会見により、当初よりは軽い処遇及び早期復帰が見込める形になりそうですが、権力がはびこる現状(世の中)はとても根が深いと改めて感じました。

 

少し前の出来事としては、「相撲界・体操界・柔道界」など歴史ある団体における「悪しき体質」の一部が白日の下にさらされ、同じ芸能関係では、脱退したメンバーに対しテレビ出演をさせない圧力をジャニーズ事務が行ったと報道されています。

 

しかしこのような圧力や陰謀が露見されても、以前「悪しき体質の改善」は遅々として進んでいません!

 

 

今回の騒動は、力ある先輩(松本 人志さんや東野 幸治さんなど)や芸人仲間が自身の進退を懸けて行動を起こしてくれたことにより、権力に対し対抗することが出来ました。

 

結果、企業トップの謝罪を勝ち取り、その様を見て留飲をさげた方も多いと思いますが、これはあくまで芸能界の話しであり、かつ有名人という発言力がある人物だからこそ成し得たことで、民間の企業では殆んどこのような現象はまず起きません!

 

近年ようやく、「セクハラ・パワハラ」を初め社会的に弱い立場の方への法律や取り組み、働き方改革などが注目されて来ていますが、殆どの企業や各種団体は改善されていないのが現状です。

 

スポンサーリンク

吉本興業から学ぶ!自分の身は自分で守る!

 

 

その上で今回僕が強く感じたのが、「自分の身は自分で守る!と自覚する大切さを学んだことです。

 

通常の職場で他人の為に、「自身の進退を懸けて守ってくれる人」はほぼ皆無で、寂しく感じますが「自身の生活が第一優先」なので当たり前のことと言えます。

 

松本さんや東野さんみたいに「存在力のある人物になりたい」との目標を持ちたいとは思いますが、同じような行動に出られるかと問われると厳しいのが現実です。

 

 

そこで改めて自身で「権力に対抗しうる対策」を持つ大切さが必要ですが、一番良いのは「努力を重ね社内で結果を出し、出世して自身が権力に対抗しうる力を持つ」ことですが、これは時間も掛かりますし自身が望む結果が出るかは不透明なので選択肢としては厳しいです。

 

ではどうしたら良いのか?

 

それは理不尽なことがあった時、宮迫や亮みたいに「退路を断つ行動に出られる!」、または「戦う覚悟がある!かどうかで、具体的な話しをすると、現在の仕事において「依存していないか」ということです。

 

当たり前の話しですが、殆どの方は一つの職場で生活を賄っていますので「職場に依存するスタイルしかありませんが、今は自身が求めれば様々な形態の働き方があります!

 

安易に副業をすることが「依存から脱することになる」という訳ではありませんが、人生の選択枠が増えるという点から見ると魅力ある選択肢の一つだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

理不尽が横行する世の中で、武器を持たずに生きて行くのは難しいです。

 

新たな生活スタイルを確立しなければ、いつか組織という荒波に飲み込まれてしまうかもしれません!

 

そうならない為にも、是非新たな選択肢(武器)を持ってもらい、自身が思い描く人生にしてもらいたい!と強く思います。

 

この記事がお役に立てたら幸いです。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク