どうしたら変わるか!会社で自身の評価を一変させる取り組み方を紹介

少し前まで惰性の日々を送っていました。

 

考えることと言えば「宝くじを当てたい、素敵な出会いがほしい」など棚から牡丹餅的な考えで、日々生きていました。

 

そんなやる気のなかった自分があるきっかけを得て、会社での評価を一変させた取り組み方を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

初心の思い

Free-Photos / Pixabay

 

僕は、本業の傍らブログをやっています。

 

以前の僕は、本業において無気力に仕事をこなす毎日でした。

 

そんな僕でも入社したての頃は自分なりに大志を抱き、将来は必ず成功者となり、

 

皆が羨む人生にしてやる!

 

と向上心を持って仕事に取り組んでいました。

 

そんな意気込みもあって、同期の中で最も早い段階で出世を重ね、この頃の僕はとても日々が充実していました。

 

思い上がり

 

ところが、その頃から自分の実力に溺れて勘違いをし始めます。

 

職場における態度が傲慢(ごうまん)になって行き、仕事の取組み方も緩慢(かんまん)になり、要領(小手先)で仕事をする。

 

すると成績が上がらなくなり、その原因を部下や他の人のせいにするようになって、思い通りにいかない日々に苛立ち。

 

この時は物事を自分に置き換えることが出来なかったので、うまく行かないことを理由にやる気をなくし、結果が出ないのはすべて「他の人や会社の体質が悪い」などと責任転嫁していました

 

気が付けば10年も同じ役職のまま惰性の日々を送っていました。

 

スポンサーリンク

変革への転機

geralt / Pixabay

 

そんなやる気が全くなくなった5年前のある飲み会でのこと。

 

同期のある仲間が「新しい車を買った、先日海外旅行に行って来た」などと自慢話をしていました。

 

その仲間は同期で、以前は僕より下の役職だった者です。

 

ところが今では上位役職で、部署は違いますが僕の上司になっています。

 

その仲間が近年さらに昇進して給料が上がり、充実したライフワークを送っていると自慢話をしていました。

 

屈辱からの決意

 

その話を羨みながら聞いていましたが、途中からものすごく悔しくなり、自分も今からでも同じような、

 

いや、それ以上の境涯になりたい!

 

と心底思い、

 

絶対に皆を見返すような出世をしてやる!!

 

と一大決心をしました。

 

僕の職場には、会社が推奨している資格が8つあります。

 

全社員の取得率は、良くて1つ取得している程度です。

 

僕は5年かけて、推奨の資格を8つすべて取得しました!

 

スポンサーリンク

成功への扉

PublicCo / Pixabay

 

その後、営業成績も社内で上位成績を取り続け、気付けば5年で役職も役員になれるまで昇進

 

現在では新しい車も買い、年に2回は海外旅行に行ける境涯になりました。

 

以前の経験があるので、同じ轍(てつ)を踏むことなく、今後も努力を積み重ねて行きたいと思っています。

 

僕の場合は、自身の驕り(おごり)から転落して行きました。

 

しかし人によっては、真面目に仕事に取り組んでいても、

 

うまく結果が出ない、望む評価が得られない、

 

などの不遇で、やる気が薄れている方も少なくないと思います。

 

しかし、残念ながら不遇に直面した時に逃げていては、

 

成功への道は開けてきません!

 

スポンサーリンク

まとめ

Free-Photos / Pixabay

 

僕が経験した「評価を一変させる取り組み」とは、自身がどんな人生を望むかを明確にすることです。

 

気持ち一つで人生は一変出来ます!!

 

一度きりの人生ですので、悔いのないライフワークを過ごしましょう!

 

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク