横浜赤レンガ倉庫スケート2019の見どころやお勧めポイントを紹介!

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」の季節がやってきましたね~!

 

今年で15回目を迎える「アートとアイススケートのコラボレーション」の催し物ですが、毎年大勢の人が訪れる人気のイベント!

 

イルミネーションがとても綺麗で、アートな空間の中でアイススケートを滑る、子供さん連れの家族やカップルなどで賑わってますもんね!

 

・開催日時や入場料は?

・混雑情報や飲食店は?

・スケート以外のおすすめはある?

 

など、今年も盛り上がりをみせるであろう「横浜赤レンガ倉庫スケート2019」の見どころやおすすめポイントを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

横浜赤レンガ倉庫スケート2019の基本情報を紹介!

 

 

開催日時

2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日)【79日間】

【11月 / 12月】

平日 13:00~22:00/土日祝 11:00~22:00

【1月 / 2月】

平日 13:00~21:00/土日祝 11:00~21:00

【クリスマス・年末年始の開催時間】

12月20日(金)~12月25日(水) 11:00~23:00

12月26日(木)~12月31日(火) 11:00~22:00

1月1日(水) 11:00~19:00

1月2日(木)~1月5日(日) 11:00~21:00

※ 雨天などによる開催状況は、twitterで確認できるとのこと!

 

 

平日は午後からの開園となりますが、年内は22時までということで、けっこう遅くまで営業してます。

 

クリスマスや年末年始などは、期間によって微妙に営業時間が変わっているので、気を付けてもらえればと思いますが、夜はイルミネーションがとても綺麗でテンション上がりますよね!

 

ただ、ものすごく寒いので、防寒対策は忘れないように・・。(笑)

 

入場料

【 大  人 】:700円
【3歳~高校生】:500円
【 付添観覧料】:200円
【 貸 靴 料  】:500円

 

入場料も休めだと思うのですが、嬉しいポイントは、当日何度でも「再入場」ができることですよね!(入場料支払い時に、受け取るレシートが必要

 

 

混雑日や時間ですが、例年の感じですと土日祝日やクリスマス・年末年始、時間は13時~20時ぐらいが多いですね。

 

やはりねらい目は平日ですが、夜20時すぎだと気温がかなり低くなり、休日でも家族連れはだいぶ減るので、ありかなと。(要防寒対策!

 

横浜赤レンガ倉庫内には飲食店をはじめ、数多くの店舗があるので、滑るのに疲れた時には気分転換にお買い物や食事などできるのは嬉しい限りではないかと!

 

【横浜赤レンガ倉庫マップ】

※ 拡大や縮小(+・-)も出来ます。

 

アクセス方法

 

【電車をご利用の方】

みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分

JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分

JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分

 

【車をご利用の方】

首都高速「みなとみらい」または「横浜公園」出口をご利用ください。

 

※ 赤レンガ倉庫内に駐車場がありますが、アートリンク入場における駐車場の割引サービスはないとのことなので、駐車場の詳しい情報(料金など)は、赤レンガ倉庫のHPで確認してください。

 

【バスをご利用の方】

あかいくつ「桜木町駅前」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車

(毎日運行) 運賃:大人 220円 ・小人 110円

ぶらり赤レンガBUS「横浜駅前」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車

(土曜・日曜・祝日のみ運行) 運賃:大人 220円 ・小人 110円

ぶらり三溪園BUS「横浜駅前」、「桜木町駅前」から「赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク」下車

(土曜・日曜・祝日のみ運行) 運賃:大人 220円・小人 110円

京浜急行バス 空港リムジンバス「羽田空港」から「赤レンガ倉庫」下車 運賃:大人 720円・小人 360円

 

【シーバスをご利用の方】

横浜駅東口・ぷかりさん橋・山下公園より「ピア赤レンガ」下船横浜赤レンガ倉庫

横浜クルージング/シーバスの時刻表・料金案内

 

 

アクセス方法は色々ありますが、車で来た時の駐車場に少し注意が必要かと・・。

 

駐車場自体は赤レンガ倉庫内にありますが、アートリンク入場における駐車場の割引サービスはないので、駐車料金は確認しておいた方がいいかもです。

 

〇 赤レンガ倉庫内でショッピングや食事などの割引サービスは以下の通り。

駐車券サービス

1店舗につき3,000円以上の利用で、駐車場1時間無料券をサービス。

店舗Aで3,000円以上のご利用駐車場1時間無料

店舗Bで3,000円以上のご利用さらに駐車場1時間無料

合計2時間無料!

 

㊤でも触れましたが、駐車場の位置(1P・2P)や駐車場の料金に関しては割高なので、HPで確認しておいた方が良いですね!

 

※ 赤レンガ内での「レンタル自転車」や「三輪自動車タクシー」などの紹介もあります!

 

スポンサーリンク

横浜赤レンガ倉庫スケート2019の見どころやお勧めポイントを紹介!

 

 

「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」は、2005 年から始まりましたが、毎年色々なジャンルのアーティストが多彩なアートで「スケートリンク」を華やかに彩るんですが、今回の「アートのテーマ」は<SWEETS ICE RINK・あまいもの大好きスケートリンク>だとか。

 

今シーズンは、タイのアーティスト、ウィスット・ポンニミットさんを迎え、ポップでレトロな印象の、優しい雰囲気で心温まる作品が、『アートリンク』の新たな1ページを彩ります。

 

 

とのことで、ウィスット・ポンニミットさんが描くキャラクターに囲まれて、スケートを楽しむとのことで、どんな感じになっているんでしょうか!

 

さっそく「見どころやお勧めポイント」を紹介して行きますが、オープニングセレモニーが、2019年11月29日(金)17:00から行われるとのこと。

 

華麗なパフォーマンスを披露するのは、シンクロナイズドスケーティングチーム「神宮Ice Messengers」の方とのことですが、「シンクロナイズドスイミング」だと馴染みがあるんですが・・(苦笑)、氷上でどんなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみですね!

 

 

※ パフォーマンス終了後は、無料滑走19:00までOK、「雨天・荒天、氷の状況」によっては中止の場合もあるとのこと。

 

アートリンク内には「Hot Hot CAFE」があり、パニーニや手づつみピザなどの「軽食や温かい飲み物」が、販売されているとのことで、赤レンガ内にも飲食店はありますが、手軽に食べられる店がそばにあるのは嬉しいですね。

 

開催期間中の目玉イベントとしては、トリノ五輪金メダリスト「荒川静香さん」による特別スケート教室が開催されるとのこと!

 

 

2020年1月4日(土)9時30分~10時30分に行われ、スケート教室終了後には「トークショー」も用意、金メダリストにスケートを教われるなんて中々ないので、こちらも楽しみですよね!

 

「参加対象・料金やお申込み方法、スケート教室参加の注意点など」は、HPに詳しく紹介されているので、そちらで確認を。

 

開催期間がクリスマスシーズンということもあり、アートリンク以外にも、イルミネーションが設営されているので、こちらもおすすめなポイントではないかと!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

横浜赤レンガ倉庫スケート2019」の見どころやおすすめポイントを紹介してきましたが、今年も気になるイベントがあるので楽しみかと。

 

近年は需要や維持費の関係で、「スケートリンク施設」が以前より減ったこともあり、中々気軽にアイススケートを楽しめないですよね。

 

クリスマスシーズン突入で「横浜の夜が綺麗に彩られ」、幻想的なスポットでの「アートリンク」で、素敵な時間を過ごしてみては・・!

 

最後まで読んでいただき、感謝、感謝です。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク