芦田愛菜の親の年齢や年収は?天才子役を育てる教育法がヤバイ!【必見】

芦田愛菜さんは、子役時代から他を寄せ付けない演技力と可愛らしいキャラが売りで人気ですよね。

 

幼少のころより芸能活動が忙しかったのにも係らず、超難関中学にも合格するという凄さに、頭が下がります・・。(苦笑)

 

そんな芦田愛菜さんを育てた両親はどういう人で、どのような教育をしてきたのか、気になりますよね。

 

両親の年齢や年収、教育法まで調査したので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

芦田愛菜さんの簡単プロフィールを紹介!

 

芦田愛菜さんの家族構成は、「父親、母親と芦田愛菜さん」の3人なので、一人っ子ということになりますね。

 

プロフィール

・名前:芦田 愛菜(あしだ まな)

・生年月日:2004年6月23日(15歳:2019年現在)

・出身地:兵庫県西宮市

・身長:145cm

・血液型:A型

・最終学歴:慶応義塾中等部(在学中)

・所属事務所:ジョビィキッズプロダクション

 

母親からの勧めで、2007年に3歳で芸能界に入り、2009年「ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”」で子役デビュー!

 

ドラマ「Mother」のオーディションに参加したとき、年齢資格の7歳だったこともあって、当時5歳だった芦田愛菜さんは合格は難しかったとか。

 

しかし台詞や質疑応答などが、他の子役と明らかに違うということで注目され、オーディションに合格したというエピソードも!

 

やはり小さい時から、才能奏でる能力があったんですね!

 

スポンサーリンク

芦田愛菜さんの親の年齢や年収は?を調査!

 

そんな芦田愛菜さんを育てたご両親は、どんな方なんでしょうか?

 

まず父親のほうですが、早稲田大学を卒業後、三井住友銀行に勤めていて、支店長をしているとか

 

メガバンクの支店長ともなると!年収1千万は超えていると思われますが。。芦田愛菜さんの出来の良さは・・父親ゆずりかもしれませんね。

 

 

芦田愛菜さんの母親は専業主婦で、基本的にはマネージャー役をしているとのこと。

 

現場にはいつも母親が付き添い、隅っこ方で大人しく娘を見守っているとか。

 

年齢は、母親が愛菜さんを32歳の時に生んだ子供なので47歳、父親は2つ年上との情報で、49歳ということになります。

 

さらに驚きなのが、祖父「芦田昭充さん」で、大阪商船三井船舶(現在の商船三井)の会長だった方だとか!

 

 

優れた筋の家系だということがよくわかりました・・。

 

スポンサーリンク

芦田愛菜さん「天才子役を育てる教育法」に注目!

 

芦田愛菜さんは、女優業を続けながら「偏差値70の難関」慶応義塾中等部に合格!

 

普通に勉強するだけでも大変なのに、仕事もしながらどうやって合格できたのでしょうか?

 

ポイントは「読書!」だとか。

 

 

芦田愛菜さんは、幼いころからともかく読書をしていたとのこと。

 

その結果、4歳の頃にはひらがなを修得し、この時点で台本の読み方が他の子役と一線を画していて、注目度が集まることに!

 

ではどれくらい読んでいたかというと、幼稚園の頃から月に60冊読んでいたとか・・、一日2冊ペース!

 

大人でもそんなペースで本を読むのは至難の業ですよね・・。(苦笑)

 

 

ジャンルも、児童向けの小説から本格推理小説、ファンタジー小説、図鑑、伝記など多岐にわたります。

 

しかし幼い子がどうして読書の虫になったのか、ここに両親における教育法が生かされます!

 

まずここまで読むようなるには「習慣」づけることが大切。

 

芦田愛菜さんは、小さい頃を振り返りこうコメント。

 

小さい頃から両親がたくさん本を選んできてくれたので、読書はすごく身近な存在でした。

歯磨きとか、お風呂とかと同じような感じ。

 

面白い本を毎日、スケジュールに従うがごとく、読ませることにより、完全に習慣化させる。

 

芦田愛菜さんの活躍は、親が子に施す「最高の教育」がベースにあってのことですね!

 

 

芦田愛菜さんの別の情報を紹介してます。⇒ 芦田愛菜のブサイクは鼻のせい?血液型や性格からわかる成功の秘訣とは 是非、読んで見てください!

 

スポンサーリンク

芦田愛菜さん「天才の所以は母親にあり!」を調査!

 

幼少のころより活躍する芦田愛菜さんの裏には、母親の努力があるとのこと。

 

いくら台本を読めるようになっても、感情を入れるというのは幼い子には理解しがたいですよね。

 

なので、まず母親が台本を徹底的に読み込んで、演じる役の気持ちを充分に理解してから、芦田愛菜さんにわかりやすく伝えるんだとか。

 

泣くシーンがあれば、「母親が泣くシーンを演じていて感情や表情を愛菜さんに伝える」この繰り返しにより、芦田愛菜さんは女優としての勉強を幼少より修得して行きます。

 

「天才子役」と称賛される裏には、母親の努力と情熱が根付いていることを感じました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

芦田愛菜さんは、元プロ野球選手の王貞治さんの言葉を「座右の銘」にしてます。

 

「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない。」

 

天才とか、才能とか」とかく世間の人は軽く言います。

 

しかし称される人格の裏には、必ず目に見えない努力が「厳として存在」していることを、忘れてはいけませんね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク