神奈川(横浜)ペルセウス座流星群2021|見えるスポット(場所)6選や方角も紹介!

ペルセウス座流星群2021の神奈川県の観測画像

夏の風物詩でもあるペルセウス座流星群は気候的にも観測しやすく、数多くの星が流れるので有名ですよね。

 

ペルセウス座流星群は7月~8月にかけて観測できることもあり、子供の夏休みの自由研究でも人気なんだとか!

 

そんな日本三大流星群の1つペルセウス座流星群を神奈川(横浜)で満喫したい!という方へ。

 

そもそもペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)のおすすめ観測スポットはどこ?

ペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)の方角やピーク時間は?

 

などなど!気になるところをチェックしたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

ペルセウス座流星群とは?2021年の見ごろはいつ頃?を調査

 

天体観測の楽しみの一つでもある流星群ですが、実は数多くあります。

 

その中でもたくさんの流星が見られる3大流星群が日本では有名ですよね。

 

【 三大流星群 】

正月の時期:しぶんぎ座流星群

夏の時期:ペルセウス座流星群

秋の時期:ふたご座流星群

 

ペルセウス座流星群の魅力は何と言っても流星の多さですが、良い条件だと1時間に100個の流星が見られることもあるんだとか!

 

 

ペルセウス座流星群のポイントとしては観測環境が良いところ。

 

【 ペルセウス座流星群のポイント 】

夏という時期で夜でも寒くないので観測がしやすい!

1時間に約30~60個(平均)の流星が流れる!

流星が流れる速度が比較的早い(光が強い)!

 

三大流星群の「ふたご座としぶんぎ座」も人気ですが、冬の時期なので寒さに耐えながらの観測になるかと。。(苦笑)

 

 

ペルセウス座流星群の豆知識を少し紹介しますね。

 

ペルセウス座流星群の名称は、流星群がペルセウス座γ星付近を放射点としているからなんですね。(γ:ガンマ)

 

『放射点とは?』。。流星群には天球上の一点から四方へ飛び出していくポイントがあり、この一点を放射点と言います。

 

イメージとしては、星が飛び出していく中心のようなところで、ここから飛び出る感じで夜空を流れていくことになります。

 

母天体(ぼてんたい)はスイフト・タットル彗星で、太陽の回りを133年の周期で公転、イタリアのジョヴァンニ・スキアパレッリによってペルセウス座流星群の母天体ではないかと指摘されたんだとか。

 

『母天体とは?』。。流星群を生む流星物質を放出している天体のこと。

 

ちなみに「ペルセウス」はギリシア神話に登場する英雄で、メデゥーサの首を切り落とした事で有名とのことです。

 

引用元「国立天文台(NAOJ)」・「Wikipedia

 

 

毎年7月中旬から8月下旬にかけてペルセウス座流星群の見ごろを迎えますが、2021年は7月17日~8月24日の間に観測しやすく「8月13日の午前4時ごろが極大時刻」になるとの情報。

 

当日の天気次第というのもありますが、今年は8年ぶりと言われる好条件が揃っているみたいなので期待したいかと!

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)の方角やピーク時間・天候もチェック

 

続いてペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)の方角やピーク時間、天候もチェックしていきたいと思いますが、㊤でも紹介した通り8月13日の午前4時ごろが極大時刻との見通し!

 

参考

流星群を発見しやすい条件として「月の位置がどうか」というのは大きなポイント!

 

ペルセウス座の放射点は北東ですが、流星を多く見るには方角よりも空全体を見る事ができる場所の方が大事なんですよね。

 

 

ペルセウス座流星群の観測で天候はもちろんですが、月のあかりが薄いか?も大事!

 

チェック

月の条件は明るさがポイントなので、満月だとかなり見えにくく、都心部は町のあかりが邪魔します。

 

2021年8月の『月情報』はこちらを参照 ⇒ 2021年の満月と新月の情報サイト

 

情報によると極大日時となる8月12日~13日にかけては三日月(月齢4)なので条件は良いですね。

 

気になる極大日前後の週間天気予報はこちらを参照 ⇒ 神奈川(横浜)の天気予報サイト

(※ サイトは検索日からの2週間予報となってます)

 

(このツイートは2020年のもの)

 

好条件に必要な月齢(4)とピーク時刻(午前4時)が揃うのは8年ぶり!とのことで、否が応でも期待しちゃいますよね。

 

あとは何とか天候に恵まれて(コロナも収まって)、ペルセウス座流星群を満喫したいかと!

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)のおすすめ観測スポット6選を紹介

 

ペルセウス座流星群を堪能するのに、次に気になるのはどこで見るか?ですよね。

 

㊤でも触れましたが、できれば寝ころんでゆっくり眺められるような場所が一番良いので、そこも含めてペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)『おすすめ観測スポット6選』を紹介します。

 

① 根岸森林公園

 

根岸森林公園は車でのアクセスがしやすく駐車場も完備されていて、電車だとJR根岸線の山手駅から徒歩10分ぐらいです。

 

 

広大な公園で芝生の場所も広いので、ブルーシートを敷いて寝ころんでゆっくり天体観測できるスポットです。

 

② 城ヶ島公園

 

城ヶ島公園は三浦半島の東半分を占めている公園で展望台やピクニック広場などがあり、家族連れにも人気の場所なんですよね。

 

 

こちらも芝生の場所が広く寝ころんでゆっくり天体観測することができ、海も一望できる公園なのでおすすめかと!

 

③ 久良岐公園

 

久良岐公園は横浜市の港南区と磯子区にまたがる都市公園。

 

駐車場も併設されていて車でのアクセスはしやすく、電車だと京急上大岡駅から徒歩約20分ぐらいの場所です。

 

 

寝ころんでゆっくり天体観測ができるのはもちろん、ベンチもたくさんあるので家族連れだけでなくデートスポットとしても人気かと!

 

④ 道の駅 箱根峠

 

箱根峠は標高846mの外輪山を越えた神奈川県の箱根町と静岡県の南町の境にある峠で、芦ノ湖も一望できます。

 

アクセス

芦ノ湖スカイライン。
神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線。

 

 

夜になると周りを遮るものが無いので、流星群を観賞するにはもってこいのスポットですね。

 

⑤ かわさき宙と緑の科学館

 

かわさき宙(そら)と緑の科学館は子供から大人まで楽しめる施設ですが、開館時間が17:00までなので、夜は周辺で見るのがベスト。

 

アクセス

小田急線「向ケ丘遊園駅」南口から徒歩で15分。

JR南武線「登戸」駅から徒歩約25分。

 

 

夜には明かりがほとんどないため、絶好の天体観測スポットなのでおすすめの場所ですね。

 

⑥ 丹沢湖

 

丹沢湖は美しい紅葉をはじめ、自然が多い場所なのでとても癒されると、家族連れやカップルに人気!

 

アクセス

新松田駅からバスで50分。
山北駅からバスで35分。

 

 

夜には360度のパノラマが広がり、天体観測のスポットとしてまさにおすすめの場所ですね!

 

※ 駐車場の詳しい情報については、公式HPで確認ください。

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021神奈川(横浜)のまとめ

 

2021年の今年、8年ぶりの好条件というペルセウス座流星群!

 

お盆の時期ということもあり、ぜひ家族や友人、カップルなどで夏の風物詩を堪能してもらいたいですね。

 

今回紹介した情報が、ペルセウス座流星群2021を神奈川(横浜)で楽しみたい!という方の参考になったら幸いです。

 

最後まで読んでいただき、感謝!感謝です!

 

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク