ふたご座流星群2020【山口】方角やピーク時間は?おすすめ観測スポットも紹介!

ペルセウス座流星群2021の山口県の観測画像

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・ふたご座流星群ですよね~。

 

日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにしている方も多いかと!

 

今回は【山口】で「ふたご座流星群」を見たい!に注目して・・。

 

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群2020【山口】の方角やピーク時間は?

ふたご座流星群2020【山口】のおすすめ観測スポットはどこ?

 

などなど!気になるところをチェックしたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

ふたご座流星群とは?2020年の見ごろはいつ頃?を調査!

 

天体観測の中でも見応えがある!と言えば流星群ですけど・・日本では「3大流星群」が有名ですよね。

 

【 三大流星群 】

正月の時期:しぶんぎ座流星群

夏の時期:ペルセウス座流星群

冬の時期:ふたご座流星群

 

ふたご座流星群は、確率的にたくさんの流星が見られる可能性が高いのがいいですよね!

 

 

ふたご座流星群は「夏のペルセウス座」と違い、かなり寒い時期での観測になるので・・完璧な防寒対策をしないとヤバいかと!(苦笑)

 

ただ、夏に比べると空気が澄んでいるので天体観測には条件が良く・・近年に対しては三大流星群の中でも「ふたご座流星群」がもっとも安定して観測数を得られるとの情報も!

 

ふたご座流星群とは。。

ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群で、ふたご座流星群の母天体は長らく謎だったとのこと。

1983年に、NASAが打ち上げた「赤外線天文衛星IRAS(アイラス)」によって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星「ファエトン」を発見!

現在ではこれが母天体とされているものの・・以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っており「ふたご座流星群」となっているんだとか。

活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは・・「ふたご座流星群」だけみたいです。

引用元「Wikipedia

 

ふたご座流星群は、毎年12月の中旬ごろが出現の時期で・・2020年は12月4日~12月17日の間に観測しやすく。。12月14日の10時ごろが極大時刻になるとの情報!

 

【 ふたご座流星群2020のポイント 】

空が澄んでいて星が見えやすく、ほぼ一晩中の観測が可能!
12月15日が新月のため「月明かりの影響」が少ない!
最大で1時間あたり55個前後の流星が見られる!

 

ふたご座流星群の魅力の一つに、夜の早い時間に放射点(※)が地上に昇ってくるので・・ほぼ一晩中で観測できるのが嬉しいですよね。

(※ 放射点とは、輻射点(ふくしゃてん)ともいい、流星が飛び出してくるように見える点のこと )

 

天候の絡みもあるので、予報をチェックして天気の良い日に予定を立てるのもありかと!

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【山口】の方角やピーク時間・天候もチェック!

 

続いて、ふたご座流星群2020【山口】の「方角やピーク時間・天候」もチェックしていきたいと思いますが、㊤でも紹介した通り12月14日の10時ごろが極大時刻とのことなので・・13日の夜から14日の明け方にかけてがチャンス!

 

ポイント

よく「方角」を気にするコメントや情報もありますが・・流星群を多く観測するためには、方角よりも月の位置の方が重要!

 

放射点と言われる「ふたご座」の方角は北東で・・おうし座の角の先を伸ばしたところの「こいぬ座」の上あたりに位置してます。

 

流星を多く見るなら方角を定めるよりも「空全体を見る事ができる場所」の方が有効なんですよね!

 

 

ふたご座流星群の観測で好条件は、天候はもちろんですが・・月のあかりが薄いか?がポイントかと!

 

チェック

満月の時だと「月のあかり」が邪魔して好条件だと言えず・・また都心部の場合では「町の光」が邪魔してしまうので、空の星が見にくくなるんですよね!

 

2020年12月の『月情報』はこちらを参照 ⇒ 2020年の満月と新月の情報サイト

 

情報によると「極大日時」となる12月15日は『新月』なので、かなり良い条件ですね!

(新月とは・・地球から見て月と太陽の方向が同じになって、地球から月が見えない状態のこと)

 

気になる12月14日前後の週間天気予報はこちらを参照 ⇒ 山口の天気予報サイト

(※ サイトは検索日からの10日間予報となってます。)

 

【豆知識】

 

ふたご座流星群は「安定した観測」は出来るものの・・「しし座流星群」のように対地速度(地面に対する物体の速度)が早い訳では無いんですよね。

 

なので、流星痕(明るい流星が通った後に残る痕跡)が残りにくく(※)・・月あかりなどの影響を受けやすいんです。

 

※ 対地速度が速いと「明るい流星」の割合が多いので、流星痕が長く残りやすい。(観測しやすい)

 

 

㊤でも紹介した通り・・13日の夜から14日の明け方がピークで「最大で1時間あたり55個前後」見られると予想されているものの。。前後の12日と14日の夜も「20個を超える流星」が出現するとの見通し!

 

ポイント

ふたご座の放射点方向は「天頂」なので、空を真上に見上げていれば・・流れ星が降ってくるような感じになるかと!

 

おすすめは・・寝ころんで空全体をゆっくりと見てるのが「1番」ですね!(笑)

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【山口】のおすすめ観測スポットを紹介!

 

ふたご座流星群の「極大日時(12月14日)」前後の天候条件が分かったところで・・続いて気になるのはどこで見るか?ではないかと。

 

㊤でも触れた通り、できれば「寝ころんでゆっくり眺められるような場所が一番良いと思うので、そこも含めて『ふたご座流星群2020【山口】おすすめ観測スポットを紹介しますね!

 

秋吉台

 

『秋吉台』は、日本最大級のカルスト台地で1964年には「特別天然記念物」に指定されていますが・・東京カメラガールズ「超絶景!全国の星空撮影スポット《99選》」などにも選ばれた星空が綺麗な場所として有名なんだとか!

 

絶景の広がる秋吉台スカイラインもあり、車でのアクセスが便利で・・中国自動車道「美祢東JCT」経由小郡萩道路「秋吉台IC」から車で約10分

公共交通機関だと・・JR新山口駅からバスで45分「秋芳洞」下車から徒歩30分ですね。

 

「秋吉台カルストロード」の中腹あたりにある「長者ヶ森の駐車場」が一番の人気スポットで・・「長者ヶ森」をバックに広がる星空や、駐車場はかなり広くて「30台以上は駐車」あるので、天体観測にはおすすめの場所かと!

 

角島大橋

 

『角島大橋』(つのしまおおはし)は、無料で渡れる一般道路としては日本屈指の長さで・・「日本一美しい」とSNS等で話題になる絶好のドライブコースなんだとか!

 

【主なアクセス】
中国自動車道下関ICから車で70分
JR山陰本線「特牛駅」からバスで15分
JR山陰本線「滝部駅」からバスで25分

 

コバルトブルーの海を駆け抜ける気持ちよさは「格別」とのことですが・・昼間とは違う夜景も必見とのことで、吸い込まれそうな星空を堪能できるスポットなので人気ですね!

 

瑠璃光寺

 

『瑠璃光寺(るりこうじ)』は、山口市香山町にある曹洞宗の寺院で・・国宝である五重塔を中心として、境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっているんですよね。

 

【主なアクセス】
JR西日本山口線「山口駅」より徒歩30分または車で約5分。
中国自動車道「小郡IC」より車で約20分。
山口市コミュニティバス大内ルート「香山公園五重塔前」下車。

 

五重塔を始め「歴史の重みを感じる建築物」の中での天体観測には格別の景観があり・・まさに流星群を見るには最適のスポットかと!

 

※ 駐車場の詳しい情報については、公式HPで確認ください。

 

【山口】おすすめ観測スポットを紹介しましたが、㊤の場所以外も紹介!

 

【 おすすめ観測スポット 】

『土井ヶ浜』(山口県下関市豊北町大字神田上)

『らかん高原放牧場』(山口県岩国市美和町秋掛)

『阿部川ダム舟戸橋』(山口県萩市川上舟戸)

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【山口】のまとめ

 

今年は依然「コロナの影響」が収まっていないので、例年のようにはいきませんが・・何とか工夫(コロナ対策)して楽しんでもらいたいですね。

 

寒さ対策も万全にしてもらい・・家族や友人・カップルなど、ぜひ冬の風物詩を堪能してもらいたいかと!

 

今回紹介した情報が「ふたご座流星群」を・・山口で楽しみたい!という方の参考になったら幸いです。

 

『ふたご座流星群2020』・・中国地方の「その他の地域」も紹介してますので、良ければ見てください!

 

あわせて読んで欲しい!

12月も中旬まできて今年も残りわずかになってきましたが、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」ですが、流星群の中でも観測できる安定度が高いので・・楽しみにしている[…]

ペルセウス座流星群2021の鳥取県の観測画像
あわせて読んで欲しい!

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにし[…]

ペルセウス座流星群2021の広島県の観測画像

 

最後まで読んでいただき、感謝!感謝です!

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク