ふたご座流星群2020【大阪】方角やピーク時間は?おすすめ観測スポット10選も紹介!

ペルセウス座流星群2021の大阪府の観測画像

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・ふたご座流星群ですよね~。

 

日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにしている方も多いかと!

 

今回は【大阪】で「ふたご座流星群」を見たい!に注目して・・。

 

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群2020【大阪】の方角やピーク時間は?

ふたご座流星群2020【大阪】のおすすめ観測スポットはどこ?

 

などなど!気になるところをチェックしたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

ふたご座流星群とは?2020年の見ごろはいつ頃?を調査!

 

天体観測の中でも見応えがある!と言えば流星群ですけど・・日本では「3大流星群」が有名ですよね。

 

【 三大流星群 】

正月の時期:しぶんぎ座流星群

夏の時期:ペルセウス座流星群

冬の時期:ふたご座流星群

 

ふたご座流星群は、確率的にたくさんの流星が見られる可能性が高いのがいいですよね!

 

 

ふたご座流星群は「夏のペルセウス座」と違い、かなり寒い時期での観測になるので・・完璧な防寒対策をしないとヤバいかと!(苦笑)

 

ただ、夏に比べると空気が澄んでいるので天体観測には条件が良く・・近年に対しては三大流星群の中でも「ふたご座流星群」がもっとも安定して観測数を得られるとの情報も!

 

ふたご座流星群とは。。

ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群で、ふたご座流星群の母天体は長らく謎だったとのこと。

1983年に、NASAが打ち上げた「赤外線天文衛星IRAS(アイラス)」によって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星「ファエトン」を発見!

現在ではこれが母天体とされているものの・・以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っており「ふたご座流星群」となっているんだとか。

活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは・・「ふたご座流星群」だけみたいです。

引用元「Wikipedia

 

ふたご座流星群は、毎年12月の中旬ごろが出現の時期で・・2020年は12月4日~12月17日の間に観測しやすく。。12月14日の10時ごろが極大時刻になるとの情報!

 

【 ふたご座流星群2020のポイント 】

空が澄んでいて星が見えやすく、ほぼ一晩中の観測が可能!
12月15日が新月のため「月明かりの影響」が少ない!
最大で1時間あたり55個前後の流星が見られる!

 

ふたご座流星群の魅力の一つに、夜の早い時間に放射点(※)が地上に昇ってくるので・・ほぼ一晩中で観測できるのが嬉しいですよね。

(※ 放射点とは、輻射点(ふくしゃてん)ともいい、流星が飛び出してくるように見える点のこと )

 

天候の絡みもあるので、予報をチェックして天気の良い日に予定を立てるのもありかと!

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【大阪】の方角やピーク時間・天候もチェック!

 

続いて、ふたご座流星群2020【大阪】の「方角やピーク時間・天候」もチェックしていきたいと思いますが、㊤でも紹介した通り12月14日の10時ごろが極大時刻とのことなので・・13日の夜から14日の明け方にかけてがチャンス!

 

ポイント

よく「方角」を気にするコメントや情報もありますが・・流星群を多く観測するためには、方角よりも月の位置の方が重要!

 

放射点と言われる「ふたご座」の方角は北東で・・おうし座の角の先を伸ばしたところの「こいぬ座」の上あたりに位置してます。

 

流星を多く見るなら方角を定めるよりも「空全体を見る事ができる場所」の方が有効なんですよね!

 

 

ふたご座流星群の観測で好条件は、天候はもちろんですが・・月のあかりが薄いか?がポイントかと!

 

チェック

満月の時だと「月のあかり」が邪魔して好条件だと言えず・・また都心部の場合では「町の光」が邪魔してしまうので、空の星が見にくくなるんですよね!

 

2020年12月の『月情報』はこちらを参照 ⇒ 2020年の満月と新月の情報サイト

 

情報によると「極大日時」となる12月15日は『新月』なので、かなり良い条件ですね!

(新月とは・・地球から見て月と太陽の方向が同じになって、地球から月が見えない状態のこと)

 

気になる12月14日前後の週間天気予報はこちらを参照 ⇒ 大阪の天気予報サイト

(※ サイトは検索日からの10日間予報となってます。)

 

【豆知識】

 

ふたご座流星群は「安定した観測」は出来るものの・・「しし座流星群」のように対地速度(地面に対する物体の速度)が早い訳では無いんですよね。

 

なので、流星痕(明るい流星が通った後に残る痕跡)が残りにくく(※)・・月あかりなどの影響を受けやすいんです。

 

※ 対地速度が速いと「明るい流星」の割合が多いので、流星痕が長く残りやすい。(観測しやすい)

 

 

㊤でも紹介した通り・・13日の夜から14日の明け方がピークで「最大で1時間あたり55個前後」見られると予想されているものの。。前後の12日と14日の夜も「20個を超える流星」が出現するとの見通し!

 

ポイント

ふたご座の放射点方向は「天頂」なので、空を真上に見上げていれば・・流れ星が降ってくるような感じになるかと!

 

おすすめは・・寝ころんで空全体をゆっくりと見てるのが「1番」ですね!(笑)

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【大阪】のおすすめ観測スポット「10選」を紹介!

 

ふたご座流星群の「極大日時(12月14日)」前後の天候条件が分かったところで・・続いて気になるのはどこで見るか?ではないかと。

 

㊤でも触れた通り、できれば「ゆっくり眺められるような場所が一番良いと思うので、そこも含めて『ふたご座流星群2020【大阪】おすすめ観測スポット10選』を紹介しますね!

 

永楽ゆめの森公園(永楽ダム)

 

『永楽ゆめの森公園』は、甲子園球場の約4倍の広さがあり、大型複合遊具や府内最大級の大型すべり台など「遊具や健康遊具、スケートボード広場」もあるんだとか!

 

アクセス

駐車場もあって車でのアクセスも良く・・バスも2系統走ってます。

ひまわりバス(熊取町内循環バス)で、自然公園方面循環コース「永楽ゆめの森公園前(永楽墓苑前)」下車で徒歩3分。

南海ウイングバス(88、89、90系統)で、「つばさが丘北口」行き「成合口」下車で徒歩16分。

 

 

自然の地形を生かした散策路や明石海峡大橋などを見渡すことができる「見晴らしの丘」や・・公園には芝生の広場があって寝ころんで星空を見上げることができるのでおすすめかと!

 

箕面公園

 

『箕面公園』は「滝と紅葉」が有名で、明治の森箕面国定公園の一角に位置していて・・1986年には「森林浴の森100選」に選ばれたんだとか!

 

アクセス

こちらの公園も駐車場があって車でのアクセスが良く、公共機関としては。。

電車:阪急宝塚線「石橋阪大前」~<のりかえ>~箕面線「箕面駅」下車

バス:千里中央から阪急バス(11番停留所)~「箕面」(箕面駅前)下車

 

 

大阪市内からも電車で30分程度とアクセスが良く・・自然豊かな公園からの天体観測はとてもロマンティックで人気なんですよね~!

 

ちはや園地

 

『ちはや園地』は金剛山山頂付近に位置している自然公園で・・キャンプ場や天体観測施設もあって星空観察会のイベントも定期的に開催しているんだとか!

 

アクセス

ちはや園地には駐車場が無いので、山麓の金剛山駐車場(600円/日)に停めてハイキングコースで徒歩約60分か・・ロープウェイを利用して「千早駅」から「金剛山駅」下車で徒歩10分となります。

 

 

大阪で一番標高の高いところにある園地ということもあって、見晴らしが良く星空を近くに感じることができるので・・流星群を観測するにはおすすめではないかと!

 

大阪城公園

 

大阪市の中心部にある大阪城公園は、東京ドーム23個分の広大な公園ですが・・園内には「大阪城天守閣、音楽ホール、野球場」や自然豊かな森林などがあるんですよね。

 

メモ

JR「大阪城公園駅」 / JR・地下鉄「森ノ宮駅」 / 地下鉄「谷町四丁目駅」から下車すぐ。

 

 

近年、劇場や体験型のアミューズメント施設も誕生して、デートコースとしても人気のスポットになってますが・・シートを敷けば寝ころんで美しい星空を見ることができておすすめかと!

 

緑の文化園

 

『緑の文化園』は・・「スポーツ施設、セミナー、研修、宿泊施設」まで揃っている緑の文化園なんですよね。

 

アクセス

電車:JR四条畷駅から四條畷市コミュニティバス逢阪下車徒歩10分。
車:阪神高速道路「森小路IC」から国道163号線を奈良方面へ、清滝トンネルには進入せずに清滝峠から市道逢阪生駒口線を南へ500m。

 

 

心地良い自然に包まれて、心も体もリフレッシュでき・・澄んだ空は手を伸ばせば星が届きそうになるぐらいなので、天体観測にはおすすめかと!

 

みさき公園

 

みさき公園は「遊園地、動物園、水族館」などのレジャー施設があり・・和歌山県との府県境に近く大阪湾をのぞむ丘陵地に位置する。

 

アクセス

電車:南海線「みさき公園駅」からすぐ。
車:大阪市内から約80分、和歌山市内から約40分。(駐車場あり)

 

 

海辺に近いこともあり、夜には明かりがほとんどないので・・絶好の天体観測スポットではないかと!

 

長居公園

 

『長居公園』は、大阪市東住吉区にある都市公園で「運動公園」にもなっていますが・・駅が近く駐車場もあり、アクセスも良いので人気!

 

アクセス

JR阪和線「鶴ヶ丘駅」から徒歩で5分。
JR阪和線「長居駅」から徒歩で5分。

 

 

星空観測としても有名な場所で・・シートを敷けば寝ころんで美しい星空を見ることができるスポットです!

 

舞洲スポーツアイランド

 

『舞洲スポーツアイランド』は大阪湾の人工島に「スポーツ、体験、カルチャー、ロッジ」などが集まったレジャースポットですが・・緑地や新夕陽ヶ丘などもあってのんびり過ごすこともできるんですよね。

 

アクセス

バス:JRゆめ咲線「桜島駅」から舞洲アクティブバス。(北港観光バス)
車:①阪神高速2号淀川左岸線 淀川左岸舞洲出入口。
車:②阪神高速5号湾岸線 湾岸舞洲出入口。

 

 

海岸沿いのシーサイドプロムナードは、夜景が続く散歩道で星空観測にも適したスポットで・・夜は暗く静かなので流星群を見るには最適かと!

 

和泉葛城山

ここにGOOGLE

 

和泉葛城山(いずみかつらぎさん)は、大阪府と和歌山県の境にある標高858mの山ですが・・山頂にはブナ林が広がり、森林浴と眺望が満喫できるとのこと。

 

アクセス

バス:南海「岸和田駅」から、南海バスの塔原(とのはら)行きで終点下車、ハイキングコースにて。
①車:岸和田市から大阪府道39号岸和田港塔原線経由、塔原地区から林道本谷線を上がる。
②車:貝塚市から水鉄バス蕎原(そぶら)停留所付近から、直進のうえ、大阪府道39号岸和田港塔原線へ合流する。
③車:紀の川市名手市場から和歌山県道127号中尾名手市場線経由、さらに林道重谷線を上がる。

 

 

山頂まで車でいけるという利点もあり、夜には360度のパノラマが広がって・・天体観測のスポットとしてまさにおすすめですね!

 

穂谷コスモスの里

 

『穂谷コスモスの里』は「日本の里100選」にも選ばれていて・・秋には約100万本のコスモスが一面に咲き誇り。。里山とコスモスの風景が美しくて圧巻なんだとか!

 

アクセス

京阪枚方市駅からバス穂谷行きで「境橋」下車、徒歩約5分。

 

 

のどかな風景が心地よく・・夜になると周りを遮るものが無いので流星群を観賞するにはもってこいのスポットです!

 

※ 駐車場の詳しい情報については、公式HPで確認ください。

 

スポンサーリンク

ふたご座流星群2020【大阪】のまとめ

 

今年は依然「コロナの影響」が収まっていないので、例年のようにはいきませんが・・何とか工夫(コロナ対策)して楽しんでもらいたいですね。

 

寒さ対策も万全にしてもらい・・家族や友人・カップルなど、ぜひ冬の風物詩を堪能してもらいたいかと!

 

今回紹介した情報が「ふたご座流星群」を・・大阪で楽しみたい!という方の参考になったら幸いです。

 

『ふたご座流星群2020』・・近畿地方の「その他の地域」も紹介してますので、良ければ見てください!

 

あわせて読んで欲しい!

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにし[…]

ペルセウス座流星群2021の京都府/岩手県の観測画像
あわせて読んで欲しい!

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにし[…]

ペルセウス座流星群2021の三重県の観測画像
あわせて読んで欲しい!

12月も中旬まできて今年も残りわずかになってきましたが、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」ですが、流星群の中でも観測できる安定度が高いので・・楽しみにしている[…]

ペルセウス座流星群2021の兵庫県の観測画像
あわせて読んで欲しい!

12月と言えばクリスマス!のイメージですが、その前にもう一つのイベント・・「ふたご座流星群」も楽しみですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」ですが、今年は流星群がもっとも多く見られる極大日の条件が良いみたいで・[…]

ペルセウス座流星群2021の奈良県と栃木県の観測画像
あわせて読んで欲しい!

12月に入りかなり寒さが増してきましたけど、この時期の楽しみと言えば・・「ふたご座流星群」ですよね~。   日本三大流星群の1つ「ふたご座流星群」は、毎年12月中旬に見ごろを迎えますが・・クリスマス前のイベントとして楽しみにし[…]

ペルセウス座流星群2021の和歌山県の観測画像

 

最後まで読んでいただき、感謝!感謝です!

それでは!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク